| Home | MBA | LLM | MPA/MPP/MIA | MSFinEng | MSRED | MHH | MOT | MSEnviron | MSEng | 学部

EssayEdge

edge

TOEFL

 

 

msf

 

 

GRE

jmdp

GMAT

unicef

TOEFL

 

 

msf

 

 

GRE

jmdp

GMAT

unicef

WELCOME MPA, MPP, MIA Programs

 

合格実績 プログラム プログラムのデータベース
ランキング      

 

合格実績

 

受講生が合格した行政学、公共政策学、国際関係学、開発学などの大学院は以下の通りです。

米国のスクール

米国の技術政策専攻

英国のスクール

 

<米国のスクール> (授与学位も含めたリスト

  • Columbia Univ., School of International & Public Affairs, New York, NY
  • Harvard Univ., Harvard Kennedy School, Cambridge, MA
  • Princeton Univ., Woodrow Wilson School of Public & International Affairs, Princeton, NY
  • Carnegie Mellon Univ., Heinz School of Public Policy & Management, Pittsburgh, PA
  • Syracuse Univ., Maxwell School of Citizenship & Public Affairs, Syracuse, NY
  • Georgetown Washington Univ., Elliott School of International Affairs, Washington, DC
  • Univ. of Michigan, Gerald R. Ford School of Public policy, Ann Arbor, MI
  • Duke Univ., Sanford School of Public Policy, Durham, NC
  • New York Univ., Wager Graduate School of Public Service, New York, NY
  • Univ. of Southern California, School of Public, Planning and Development, Los Angeles, CA
  • Georgetown Univ., Georgetown Public Policy Institute, Washington, DC
  • State Univ. of New York, Buffalo, Rockefeller College of Public Affairs & Policy, Buffalo, New York
  • Northeastern Univ., School of Public & Urban Affairs, Boston, MA
  • Others

<米国のスクール 技術政策学専攻>

  • MIT, MS in Technology and Policy Program (TPP)
  • Carnegie Mellon, MS in Engineering and Public Policy (EPP)
  • Columbia, IEOR, MS in Management Science and Engineering

 

文責:岩崎無料カウンセリングTop↑

 

 

 

<英国のスクール>

  • University of London, School of Oriental & African Studies (SOAS), London
  • University of Manchester
  • University College London
  • University of London, London School of Economics
  • University of Sheffield
  • University of Bristol
  • University of Warwick
文責:岩崎無料カウンセリングTop↑

 

 

 

プログラム

 

行政学や公共政策学や国際関係学などの分野は、専門性が高いと同時に学際性を伴うことが多いので、卒業後のCareer Plan 、特に、3年〜5年の短期プランを明確にしておかないとプログラムを選択するのが困難な場合があります。実際に幾つかプログラムを見てみましょう。なお、プログラムのデータベースはNASPAAとAPSIAにあります。

 

ColumbiaのSAISの場合は、MPA, MIA関わらず

 

政策のPolicy Concentrationとして

  • Economic and Political Development (EPD)
  • Energy and Environment (EE)
  • Human Rights (HR)
  • International Finance and Economic Policy (IFEP)
  • International Security Policy (ISP)
  • Urban and Social Policy (USP)

があり、かつ、専門性のSpecializatonsとして以下の分野があります。

  • Regional Specialization: Africa, East Asia, East Central Europe, Europe, Latin America, Middle East, Russia and the Former Soviet States, South Asia, United States
  • Advanced Policy and Economic Analysis (APEA)
  • Applied Science (AS)
  • International Conflict Resolution (ICR)
  • International Media, Advocacy and Communications (IMAC)
  • International Organization (IO)
  • Management
文責:岩崎無料カウンセリングTop↑

 

 

SyracuseのMaxwellのMPAの場合は以下の専門分野があります。

  • International and National Security Policy
  • Environmental Policy and Administration
  • International and Development Administration
  • Public and Nonprofit Management
  • State and Local Government Financial Analysis and Management
  • Social Policy
  • Technology and Information Management

George WashingtonのElliottのMAの場合も以下の専門分野があります。

  • Asian Studies
  • European and Eurasian Studies
  • Global Communication
  • International Affairs
  • Latin American and Hemispheric Studies
  • International Development Studies
  • International Science and Technology Policy
  • International Trade and Investment Policy
  • Middle East Studies
  • Security Policy Studies

PrincetonのWWSのMPAの専門は以下の4分野です。

  • Field I: International Relations
  • Field II: Development Studies
  • Field III: Domestic Policy
  • Field IV: Economics and Public Policy

提出するStatementには、学歴(大学での専攻)、活動歴(課外及び社外活動)、職歴(業務内容など)、選択したプログラムと専門分野、プログラム終了後のキャリアプランなど過去・現在・将来を貫くconsistencyを明記する必要があります。カウンセラー と一緒に相談しながら見つけましょう。なお、Ph.D.レベルのプログラムではありませんが、ある程度の研究計画も考える必要がありますし、 なぜそのスクールのそのプログラムが第一志望校なのかの理由を複数考える必要もあります。カウンセラーに相談ください。

 

文責:岩崎無料カウンセリングTop↑

 

 

プログラムのデータベース

 

米国のプログラムのデータベースは以下にあります。

なお、これらのサイトにはデータベースのみならず、プログラムの概要やプログラムに関してのFAQ、プログラム終了後のキャリア紹介なども掲載されています。

 

 

ランキングなどの情報サイト

 

USNews & World Report

行政学や公共政策学などの分野のランキング情報は昔からUS News & World Reportが良く知られています。

http://grad-schools.usnews.rankingsandreviews.com/best-graduate-schools/top-public-affairs-schools/public-affairs-rankings

 

USNews

 

Foreign Policy

国際関係学に関しては、著名なForeign Policy のほうが詳細なプログラム内容やランキングを見つけることができます。

http://www.foreignpolicy.com/articles/2012/01/03/top_ten_

international_relations_masters_programs

Foreign Policy

Foreign Policyにはかなり参考になる情報が詰まっています。

 

文責:岩崎無料カウンセリングTop↑

 

 

 

個人

  企業費留学・公費留学
  奨学費留学・私費留学

教育機関
  高校・短大・大学・大学院
企業・事務所

官公庁・行政法人・自治体

 

大学生・大学院生

社会人

プログラムの選択

分野別

  MBA, LLM, MPA, MPP,
  MSFinEng., MSRED, etc.

LLM無料カウンセリング

  Master of Laws

  欧米ロー・スクール

 

留学経費

資金計画
奨学金
平均収入(投資効果)