| Home | MBA | LLM | MPA/MPP/MIA | MSFinEng | MSRED | MHH | MOT | MSEnviron | MSEng | 学部

EssayEdge

edge

TOEFL

 

 

msf

 

 

GRE

jmdp

GMAT

unicef

HOME >

LL.M.プログラム

合格実績 受講生 出願条件 受験テスト
ランキング プログラム カリキュラム 就職・転職
出願書類 成績証明書 履歴書 Statement/Essay
推薦状 New York 州司法試験 受講生専用サイト 合格者の声

 

 

 

就職・転職

 

    アメリカでは大学経営の収入に大きく貢献するのはプロフェッショナル・スクール(専門職大学院)です。ロー・スクールはその典型ですから、入学者の増減は経営収支に直結します。同時に、プロフェッショナル・スクールは就職するためにありますから、各ロー・スクールとも就職支援には力を入れています。就職させるために、単に就職課を学内に設置してあるといった単純な構造ではなく、高い就職率を達成するために二重三重の構造でシステムが出来上がっています。ここらへんが日本の場合違うところで、日本の専門職大学院で就職実績の統計を開示しているスクールは本当に少数です。

     故にどのスクールも就職実績が学生募集に直結することが明確に判っているだけではなく、それ以上に、教育成果の表われだと確信しています。最も就職体制に手厚いスクールは、

  • プログラム に就職の専任担当者を置き、
  • スクールに就職課(Career Center)があり、
  • 大学の就職課(Career Center)も並行して利用し、
  • Resumeの作成を指導し、
  • コースに就職に特化した科目を設置し、
  • オンライン上で学生と企業のマッチングを行い、
  • キャンパスに採用する会社を招きインタビューを行い、
  • 卒業生のネットワークを極度に活用しています。

     企業派遣や事務所派遣や省庁派遣でLL.M.プログラムに留学する受講生が大半ですが、私費や奨学費の場合、就職や転職のための情報収集は出願が終わり合否が判明する前から始めます。時期としては出国前と滞在中に分かれます。なお、国際機関で働くことを希望している場合は、国際機関人事センターlink(外務層)で情報を収集して下さい。就職ガイダンスの資料のアップされています。もし、無くなっていた場合のローカルのPDF

 

文責:岩崎 無料カウンセリング Top↑

 

 

 

<出国前>その1.

 

出国前に就職や転職の情報を仕入れるのは、諸先輩に聞くのが常套手段です。5年程業界で働いているとだいたい見当がついてくるものらしいです。ネットでは弁護士や法務の就職や転職に関する業者が何十とヒットします。

 

<出国前>その2.

 

MBA, LL.M., MPA, MSFinEng, MSRED, MOTなどの海外の専門職大学院プログラムに秋学期から入学が決まった合格者のためのジョッブ・フェアや説明会が開催されています。開催時期は秋学期から入学する年の4月〜6月で、都内でランダムに開催されます。企業が単独で行うこともあり、また、業者が企業を集めて行うことがあります。企業法務を考えている合格者には必須です。以下のような会社です。

 

A.T. Kearney Morgan Stanley Goldman Sachs
Bain & Company McKinsey & Company Boston Consulting Group
Credit Suisse Barclays Deutsch Bank

 

<滞在中>その3.

 

米国大使館と日米教育委員会(フルブライト・ジャパン)が開催したロー・スクール説明会&フェアのパネリストで私費で留学した卒業生も触れていたキャリア・フォーラムlinkはもっとも知られているイベントです。アメリカの東部ボストンと西部ロサンゼルス、ヨーロッパではロンドン、そして東京でも開催されます。日経就職ガイドなどで知られた株式会社ディスコが主催しています。類似のものでリクナビとかマイコミとかありますが、ロー・スクールの留学生にはちょっと不向きかもしれません。

 

 

文責:岩崎 無料カウンセリング Top↑

 

 

 

<滞在中>その4.

 

最初に説明したロー・スクール自身のCareer Servicesです。ここでは、まず、プログラムとカリキュラム同様にNew UniversityのSchool of Lawを事例とします。

 

New York University, School of Law, Office of Career Services link

 

以下がLL.M.の学生に対する就職支援のサービスです。J.D.の学生数の半分にも満たないLL.M.の学生に対してこれだけ手厚く就職支援のサービスを提供するところがポイントです。

 

The Office of Career Services provides a variety of career services to LL.M. students including career-planning seminars, access to on- and off-campus recruiting programslink, individual counseling, interview practice, resume and cover letter review, and assistance in marketing oneself to the legal community. LL.M. students may also participate in workshops on all aspects of the job search and panels featuring speakers from specialized areas of practice, information on the legal market, and resources for identifying prospective employers.

LL.M. students enrolled full-time will also receive access to their personal CSM link account to aid in the job search process (part-time students should contact the OCS to determine eligibility). Students may take advantage of job postings, a unique personalized profile online, or access to the OCS calendar, and more.

 

New York Universityを事例としているのは、全米のロー・スクールが一同に会して、就職及びインターンシップのためのインタビュー・プログラムを後援している理由もあります。ISIP (International Student Interview Program)linkの名称で32校のロー・スクールのLL.M.(J.D.ではない)の学生1,100人が参加し、150以上の法律事務所や企業などの採用者と面談します。 2014年1月開催の概要のPDFlinkがダウンロートできます。このプログラムにはニューヨーク大学のLL.M.在学生のみならず、以下のロー・スクールのLL.M.プログラムに入学する人も参加できます。

  • American University-Washington College of Law
  • Boston University School of Law
  • Brigham Young University Law School
  • University of California Berkeley School of Law
  • University of California Los Angeles School of Law
  • Chicago-Kent College of Law, Illinois Institute of Technology
  • University of Connecticut School of Law
  • Cornell University Law School
  • Duke University School of Law
  • The University of Florida College of Law
  • Fordham University School of Law
  • Georgetown University Law Center
  • The George Washington University Law School
  • The University of Georgia School of Law
  • The University of Houston Law Center
  • The University of Illinois College of Law
  • Indiana University Maurer School of Law
  • University of Miami School of Law
  • University of Minnesota School of Law
  • New York University School of Law
  • Northwestern University School of Law
  • University of the Pacific, McGeorge School of Law
  • University of Pennsylvania Law School
  • Pennsylvania State University, Dickinson School of Law
  • University of San Diego School of Law
  • University of Southern California, Gould School of Law
  • Southern Methodist University School of Law
  • Temple University School of Law
  • The University of Texas School of Law
  • Tulane University Law School
  • Vanderbilt University Law School
  • Wake Forest University School of Law
文責:岩崎 無料カウンセリング Top↑

 

 

 

次に上記のISPIの参考校でもあるDuke UniversityのLaw School (Duke Law)linkのCareer Servicesを紹介します。 このサービスもLL.M.生が対象です。J.D.ではありません。J.D.の学生数の半分にも満たないLL.M.の学生に対してこれだけ手厚く就職支援のサービスを提供するところがポイントです。

 

The Career & Professional Development Center has outstanding resources for international students, including a dedicated staff member with significant professional law experience who devotes time to LLM students in their job search. In addition to the strong support from the Career & Professional Development Center, international students at Duke benefit substantially from the willingness of alumni, both in the U.S. and abroad, and from Law School faculty to offer advice and assistance.

 

To learn more about LLM career resources, please review the 2013 International LLM Career Planning Manuallink. Although some of the information and advice therein is specifically tailored to students interested in seeking admission to a U.S. Bar and/or subsequent employment in the United States, most of this manual’s content will be useful to all students. (マニュアルのリンクが切れている場合はローカルのPDF参照)

 

マニュアルを一読してびっくりしませんか?このスケジュールって授業のスケジュールじゃないんですよ。就活のスケジュールです。そうです、秋学期の授業とほぼ並行して就活が始まります。入学と当時に就職のためのResumeを書き始め、採用者との面談の練習が始まります。

 

 

文責:岩崎 無料カウンセリング Top↑

 

 

 

上記のようにNYUが東部でISIPを後援していますが、その西部版がUCLAが後援しているWest Coast International LLM Job Fairlinkです。 内容はNYUのISIPとほぼ同様で就職とインターンシップのためですが、以下のようなロー・スクールが参加しています。

  • UCLA School of Law
  • Golden Gate University School of Law
  • New York University School of Law
  • Northwestern University School of Law
  • Pepperdine University School of Law
  • Santa Clara University School of Law
  • Stanford Law School
  • UC Berkeley School of Law
  • UC Davis School of Law
  • UC Hastings College of Law
  • University of Iowa College of Law
  • University of Minnesota Law School
  • University of San Diego School of Law
  • University of Texas School of Law
  • University of The Pacific McGeorge School of Law
  • University of Washington School of Law
  • University of Wisconsin Law School
  • USC Gould School of Law
  • Washington University School of Law
文責:岩崎 無料カウンセリング Top↑

 

 

 

他にもColumbialink, Harvardlink, Chicagolink, Michiganlink, Virginialink, Yalelinkのスクールが Annual Overseas-Trained LL.M. Student Interview Programを毎年1月末に就職転職とインターンシップ開催しています。

 

Overseas-Trained LL.M. Student Interview Program (“LL.M. Interview Program”)

The LL.M. Interview Program is an annual program administered by Columbia Law School that is designed to bring together legal employers from around the world to meet with LL.M. students from seven of the top U.S. law schools.

 

LL.M. students have the opportunity to interview for permanent and training postgraduate positions with U.S. and foreign law firms. Participating schools include the University of Chicago Law School, Columbia Law School, Harvard Law School, the University of Michigan Law School, Stanford Law School, the University of Virginia School of Law, and Yale Law School. The LL.M. Interview Program takes place in late January at the DoubleTree Suites by Hilton Hotel, New York City - Times Square. Orientation for this program will be held in October.

 

文責:岩崎 無料カウンセリング Top↑